忍者ブログ
千鳥工房日記
千鳥工房の日記というか、管理人の個人的な日記。サイトの更新情報等も載ります。
[244] [243] [242] [241] [240] [239] [238] [237] [236] [235] [234
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とりあえず、惹かれたタイトルを挙げてみる。

『図解でわかる世界のしくみ』
『鎌倉時代医学史の研究』
『重宝記資料集成23-27 医方・薬方』
『脚気の歴史:ビタミンの発見』
『図集日本都市史』
『京都中世都市史研究』
『日本職人史の研究』
『室町幕府文書集成』 奉行人奉書篇 上・下
『江戸のお茶 : 俳諧茶の歳時記』
『江戸科学古典叢書3 からくり訓蒙鑑草/機巧図彙』
『江戸科学古典叢書5 紙漉大概/紙漉重宝記/紙譜』
『江戸科学古典叢書12 硝石製煉法/硝石製造弁/硝石篇』
『江戸科学古典叢書15 機織彙編/木棉製作弁』
『江戸科学古典叢書21 薬圃図纂/草木奇品家雅見』
『江戸科学古典叢書25 水銀系薬物製法書九篇』
『江戸科学古典叢書27 蘭療方/蘭療薬解』
『江戸科学古典叢書41 千蟲譜』
『近世医療の社会史:知識・技術・情報』
『くすりの民俗学:江戸時代・川柳にみる』
『叢書日本漢方の古典1 醫心方:食養篇』
『中国医学で病気を治す:人間全体を診る治療法』
『ヴィクトリア朝の緋色の研究』
『英国ヴィクトリア朝のキッチン』
『世界を旅した女性たち:ヴィクトリア朝レディ・トラベラー物語』
『誰がズボンをはくべきか:ヴィクトリア朝の働く女たち』
『ヴィクトリア時代の女性と教育:社会階級とジェンダー』
『ヴィクトリア時代のロンドン』
『ヴィクトリア朝の人びと』
『19世紀のロンドンはどんな匂いがしたのだろう』
『写真集よみがえるロンドン』
『ロンドン:ほんの百年前の物語』
『倫敦幽霊紳士録』
『アルフォンス・ミュシャ展』
『アルフォンス・ミュシャ:波乱の生涯と芸術』
『呼吸器(カラー図解人体の正常構造と機能1)』
『血液・免疫・内分泌(カラー図解人体の正常構造と機能7)』
『神経系(カラー図解人体の正常構造と機能8・9)』
『法医学ノート』
『3D解剖アトラス』
『男が学ぶ「女脳」の医学』
『医療技術の最前線 : 生命を救う技術、苦痛を除く技術』
『スポーツ傷害・救急ハンドブック』
『すぐ役立つ救急ハンドブック:乳幼児のケガ事故病気』

とりあえず、江戸率とイギリス(ロンドン?)率が高いです。
そんでもって歴史系が多い…のかな?

そんなこんなで以下メルフォレスです☆(反転仕様)


>2007/11/29 04:34の方
2007/11/28 02:04の方でしょうか?
わざわざご丁寧にありがとうございます…!
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Font color:
E-mail:
URL:
Comment:
Password:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:京塚 匠()
職業:社会人
趣味:読書、創作、猫と遊ぶ事
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
素材は以下のサイト様より


忍者ブログ [PR]