忍者ブログ
千鳥工房日記
千鳥工房の日記というか、管理人の個人的な日記。サイトの更新情報等も載ります。
[238] [237] [236] [235] [234] [233] [232] [231] [230] [229] [228
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何だか落ち込んできてしまったので、
続きは読みたい方だけどうぞ。

ドキュメンタリーを見るのが好きです。
…好き、なんですけど、ものによっては暗い気分になるんですよね…。
戦争や格差問題とか。
この前は煙草畑に家族で出稼ぎに来た人々の話をちらりと見ました。
労働環境が劣悪だとか、子供達も労働に駆り出されて学校に通えないとか、
そういった部分に悲しい気持ちになるのは勿論、
そのドキュメンタリーの中で何が一番悲しかったって、
彼らの散布する農薬はドクロマークがつくくらいの劇薬なのに、
(アメリカ等では使用が禁止されているのだそうな)
彼らにとってドクロは神聖なものであって忌避すべきものではないから、
その農薬の危険性を知らず、結果大量に浴びてしまう…という部分。
彼ら家族は煙草畑の中で寝起きしてる(小屋等は無い)ので、もろに浴びるわけですよ。
生活用水ですら、それらの農薬の染み出ている泥水だとかをつい最近まで使用していたそうで(今は、NPO(かNGO)の働きかけで水道が引かれているそうですが)。
おかげで幼い子供達がガンになったりする率も高い、と。
まぁ、そのことを啓蒙する団体のお話もあったんですけどね…。
文化の違いをいいことに、そういった危険性を言わずに雇っているのか…と思うと悲しい気分になります。
人間って汚いなぁ…と。
まぁ、言ったところで彼らが煙草畑での仕事を辞めるかというと、そんなことは無いのでしょうけど。
どうしたって、貧<富の構造がありますし…。
彼ら労働者の労働環境の改善を目指して動いている団体の存在で少し救われた気分になったとはいえ、やはり悲しい気分が全て払拭される、なんてことにはならず、その番組が終わった頃にはもう…酷く落ち込んでました。
これが本ならばまだ大丈夫なんですけど、映像で見せられると…orz

でも、そうなると分かっていても、見るのをやめられません。
何でなんでしょうね?ドキュメンタリー中毒?
せめて、もうちょっと落ち込まないで冷静に見てられるようになればいいのですが…。
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Font color:
E-mail:
URL:
Comment:
Password:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:京塚 匠()
職業:社会人
趣味:読書、創作、猫と遊ぶ事
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
素材は以下のサイト様より


忍者ブログ [PR]