忍者ブログ
千鳥工房日記
千鳥工房の日記というか、管理人の個人的な日記。サイトの更新情報等も載ります。
[236] [235] [234] [233] [232] [231] [230] [229] [228] [227] [226
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今更ながらに読んでみました。
オンモラキで満足しちゃって、すっかり忘れてたんですよね(汗)。
とりあえず、榎さんに「ほあああああ!」となり、
饒舌な関口さんに「どうしちゃったの!」と思ったりしました(笑)。
このシリーズは、何だか回を追うごとに友情ものめいた話に(しかも悪友系!)なってる気がするんですけど、何なんですか萌え殺す気ですか(笑)。
榎さん個人も大好きなんですけど、主要登場人物達の関係にかなりキました。
榎さんとマッスー、可愛すぎる…!


そんなこんなで以下メルフォレスです☆(反転仕様)


>2007/11/20 01:04の方
確かに、あの着物は構造がどうなってるのかよく分からないですよね…!
せめて普通の着物と構造が似ている…といいのですが(笑)。
最低でも帯は手伝ってもらわないと結べなさそうな。
おそらく、

-----------------------------------

衝立の向こうから、音が途絶えた。

「…終わりましたか?」

着替えが終わったのかと声をかけたが、母上は一向に出てこようとしない。
しかも、

「……母上、一体何をもじもじしているのですか」

衝立の影から何やら申し訳なさそうな顔が出たり入ったり。
一体どうしたというのだろうか。

「…いや、ね…うん…」
「はっきりしてください」

怪訝な顔を隠しもせずにそう言うと、

「…帯結ぶの手伝ってください…」

と、消え入るような声が。

「……」

呆れて思わず絶句する私。

「いや、だってね…!何度結んでもほどけてきちゃうというか…!」

帯が固いんだよぉぉぉぉぉ!と、母上は半泣きだ。
…まぁ、確かに、結びやすい帯とは言えないのだが。

「…仕方ないですね」

帯が、ということは、あらかた着替え終わっているということである。
私は一度深く溜息をつくと、母上の着替えを手伝うべく、衝立の向こうに移動した。

-----------------------------------

で、きっと、ごそごそとやってるんじゃないかと☆
何と微笑ましい母子関係(笑)。
ではでは、 メッセージありがとうございました☆
あ、薬売りに「ママ」だなんて言われたら、私も悶えると思います(笑)。
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Font color:
E-mail:
URL:
Comment:
Password:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:京塚 匠()
職業:社会人
趣味:読書、創作、猫と遊ぶ事
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
素材は以下のサイト様より


忍者ブログ [PR]